レビトラジェネリック『ブリトラ』効果内容副作用紹介

vilitra20

ブリトラは、センチュリアン社が開発したED治療薬のレビトラのジェネリック医薬品です。

レビトラと同じ主成分バルデナフィルを使用しており、水に溶けやすい性質があるため、薬の効き目が早い事が特徴です。

その発現時間は、服用してから最短で約15分、遅くとも30分から1時間の間には効果ぎ現れ始めます。

また食事の影響を受けにくいので、食前や食後に関係無く服用できます。最も効果的な服用方法は、空腹状態で性行為30分前に服用する事です。

使用方法

薬の持続時間は6〜8時間と長く性行為には十分な時間と考えられます。

1日の限度量は20mg(1錠)で次回の服用は24時間以上空けなくてはいけません。

副作用

主な副作用として、頭痛、ほてり、めまい、鼻閉、消化不良、口渇、腹痛、下痢などがあります。

また、低血圧(90/50mmHg)の方、心臓病による治療薬(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を服用している方は服用できません。

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内の方や重度の肝機能障害がある方も服用できません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ